体育試験対策 運動時に知っておかなければならない安全限界と有効限界、およびトレーニングの原則についてまとめ、説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数763
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    健康運動エネルギー安全限界能力食事身体生活方法栄養

    代表キーワード

    健康

    資料紹介

    他) メタボリックシンドロームの運動・食事療法について解説しなさい。 筋肉はその働きの違いから随意筋と不随意筋に分けられるが、それぞれについて具体例をあげ記述しなさい。 ダイエットを成功させるための方法と留意点をまとめ、記述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運動時に知っておかなければならない安全限界と有効限界、およびトレーニングの原則についてまとめ解説しなさい。
    運動を正しく安全に行うためには、安全限界と有効限界を知っておく必要がある。
    健康増進や体力増強のために運動する場合、効果が得られないと運動そのものが無意味なものとなり、危険な領域を超えて運動すると身体を壊してしまうこともある。
    これ以上の運動は危険であるという運動強度や運動量の限界を安全限界といい、
    これ以上の運動強度や運動量では効果が得られないという限界を有効限界という。
    安全限界も有効限界もその人の健康状態や体力によってことなる。
    健康状態が良好で身体条件の優れた人は、両方の限界が高い傾向にあり、実施できる運動強度や運動量の自由度が広い。一方、身体条件の劣る人は、両方の限界が低く、実施できる運動強度や運動量の設定範囲が狭くなる。有効限界よりも安全限界が低くなる場合には、
    運動禁忌であり運動やスポーツの実施は禁止しなければならない。
    一般的なトレーニングの実施にあたっては、4つの条件が考えられる。
    安全であること 2、効果が高いこと 3、楽しいこと 4、簡単であること
    特に健康..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。