臨床心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数229
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床心理学 臨床心理学の目的についてまとめよう。
    臨床心理学とは、心理学の知識と技術を用いて、クライエント(相談者)を理解した上で、専門的援助を行う応用心理学の一分野である。その目的は、人間内部の問題や行動のくい違い、人間関係の問題などを解決し、「人間の行動の望ましい方向への変容」を追求していくことである。
    臨床心理学における臨床とは、心身の状態が不健全で、具合が悪く床に就いている人に対し、援助をするカウンセラーがその傍にいって臨むという意味である。つまり、臨床心理学では、常に対象となる具体的な問題を抱えた個人がおり、その個人の問題を一緒に向き合い、心理学的知識と技術によって援助するということである。クライエントの話に耳を傾け、相手の気持ちを温かく聞き入れる受容的雰囲気の中で話し合い、その中でクライエントが抱えている問題を把握し、原因を探索し、客観的にみて検討する。そして、クライエント自身の望む姿に変わることができるように一緒に考える。この一連の援助の中に心理学の知識と技術が使われるのである。
    以上のことを踏まえて考えると、臨床心理学の知識を日常の対人関係で活かすことができるのではない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。