養護原理試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数297
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉社会児童施設家庭発達介護学校

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    養護原理試験対策
    ①児童福祉の理念に照らして、家庭と社会に属する福祉の専門機関・施設とのあるべき連携・協力の形式・内容とはどの様なものか。整理して述べなさい。
     児童福祉の理念は第1条「すべての国民は児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるように努めなければならない。」第2条「国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。」と定められている。第1条にあるようにどの様な児童であっても、必要ならば生活が保障され、愛護される事が義務付けられている。社会において児童の養護は様々な活動の形で行われている。保護者による養育、幼稚園や保育所での保育、通園施設や移住施設での養護、里親による養育、児童館などの余暇指導等も児童の健全育成や成長発達のための広義の養護と言える。それに対して、福祉の専門機関・施設等において、施設養護もそこに通園してくる児童や居住生活している児童に対して、彼らが心身ともに健全で望ましい成長発達を大人の側から働きかけることで児童福祉の理念と同一と言える。社会福祉施設が必要となるのは、児童が生まれた家庭が健やかな育成と成長発達をもたら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。