養護原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数175
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉経済社会子ども少子化児童女性

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    養護原理 児童養護に関して、近年家庭と社会との相互協調、相互補完の関係性の確立が強調されている。その背景と目指されるべき連携のあり方について考察を加えなさい。
    児童養護に関する設題に取り組むに当たり、先ず「児童養護」について理解しておきたい。「児童養護」とは、児童福祉の理念が示す、「全ての国民は児童が心身共に健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。」また、「全ての児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。」という考えに基づいた概念と同時に施設養護という意味も合わせ持っており、共に児童福祉の理念を具体化することを目指すものである。
    以上のことを踏まえ、現代社会における家庭環境の変化とその背景、また家庭と社会の相互強調・相互補完の必要性について述べる。
    近年、社会状況の変化に伴い、子どもの暮らしを左右する最も基礎的な環境である家庭や地域社会にも大きな変化がみられる。その原因として次の様なことが考えられる。
    第1に、核家族世帯、少人数世帯(ひとり親と未婚の子のみ等)の増加、そして少子化傾向が続いていること。
    第2に、女性の社会進出に伴い、共働き世帯、中で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。