家族援助論試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数283
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉子ども経済情報社会少子化介護保育健康

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭援助論試験対策
    ①児童虐待にかかわる制度・施策と家庭支援についてその現状と対策を論述せよ。
     児童虐待は子どもの人権を著しく侵害し、子どもの心身の成長や人格形成に重大な影響を与える行為である。2011年に児童相談所に寄せられた相談件数は、約6万件にも上り過去最多となった。実際に虐待を行うのは、児童の実父母である事が多く、虐待ではなく躾といって認めない傾向にある。また、特徴として孤立、貧困、育児疲労といった状況が要因となっているケースが多い。
     児童虐待から子どもを守るために、「児童福祉法」、「児童虐待防止法」という法律があり、現行では、児童虐待問題に関して国や地方公共団体に責務がある通知先を児童相談所に加え、福祉事務所への通知義務の拡大、更に、通知を受け必要に応じて、適切に警察署長に対し援助を求める等の内容となっている。
     保育者としては、常日頃から保護者や子ども達とコミュニケーションを図り、日々の様子をみながら些細な変化にも気付く洞察力を持つ事が大切である。問題を抱えていそうな親子に対しては、受容的な態度で関わりを持ち、共に問題解決に向けて考えたいという姿勢を伝え、共感を示しつつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。