家庭援助論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数171
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉経済子ども心理児童保育虐待法律家族問題

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭援助論 子どもの虐待とドメスティックバイオレンスの実情とその対応について説明せよ。
    近年、児童虐待やドメスティックバイオレンス(以下DVと表記する)などの悲しい事件がよくメディア等で取り上げられている。自分よりも力の弱い相手に対して行われるこの行為に、私は憤りを感じる。保育の現場は、子どもが1日の大半を過ごす場であり又、保護者との交流もある。実際に虐待やDVが疑われる子どもや保護者を目の前にした時に、保育者としての対応を正しく理解しておきたいと思いこの設題を選んだ。
    (子どもの虐待)
    児童虐待とは、保護者がその監護する児童について行う次に掲げる行為をいう。
    1、児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。
    (身体的虐待)
    2、児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。(性的虐待)
    3、児童の心身に正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による前2号又は次号に掲げる行為と同様の行為の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。(放置、怠慢、ネグレクト)
    4、児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。