家族援助論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数190
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉情報子ども地域社会発達保育子育て健康児童

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族援助論 地域における子育て支援のための社会資源のうち、「ファミリーサポートセンター」「地域子育て支援センター」「市町村保健センター」の役割について、それぞれを述べよ。
    平成13年に改正された「児童福祉法」において、保育士は国家資格となり、その業務の中に「児童の保護者に対する保育に関する指導」が位置づけられた。これは、保育所に入所している、していないに関わらず地域全体の子育て家庭に対し、保育士がその立場や利点を活かし、集団的、支持的、情報提供的な援助や子育てに不安への相談、地域子育てサークル等の支援を行うことを意味している。この設題に取り組む事を通して、地域におけるする子育て支援のための社会資源について学び、それらを必要とする子育て家庭に対し、適切な情報提供が出来るようにしたい。また、直接的な子どもの支援だけでなく、地域社会を通じての支援の役割や概要を知り、間接的で包括的な子育て支援の方法を認識しておきたい。
    ファミリーサポートセンター
     お互いが会員となって地域で子育て支援を行うという相互支援システムで、会員には依頼会員と提供会員がある。大阪市のファミリーサポートセンター事業では、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。