基礎情報学試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数396
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基礎情報学試験対策
    1、情報化時代に求められる「情報」の意味について述べよ。
     「情報」という言葉は、広く一般的に使われているが、「情報」になり得るかどうかは、その事に関してどの程度必要性を感じているかによって決定される。つまり目的意識の強さの程度によって、情報としての価値は変化してくるのである。今後起こり得る問題を意識していなければ、情報メディアを流れるデータは、単なる知識であって情報ではない。「情報」であるには、それを役立てる問題意識がなければならないのである。問題意識を持つ人は、「情報」を使って思考活動を行ない、問題を解決しなければならないが、その為には情報の価値を判断し、総合的に考える創造的な思考活動が必要である。
     情報化時代は、何もしなくても情報が手に入ってくる時代ではない。しかし、目的意識を持たずに情報を探し始めると、情報という大波に呑み込まれて溺れてしまう危険性を持っている。つまり、自分の目標を明確にすることが、一層求められ目的意識を持つ事で、活用できる情報こそ、情報化時代に求められる「情報」なのである。
    6、コンピュータのもつ2つの側面(光と影)について、幼児教育の視..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。