☆基礎情報学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数157
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基礎情報学 コンピューターおよび情報通信ネットワークを使用した保育教育について、あなたのアイディアを述べなさい。
    幼稚園教育要領・保育所保育指針において示されているように、幼児教育や保育の場では、「心身の健康や人とのかかわり、身近な環境に親しみ自然と触れ合う」など、自然や人とのかかわりが重視されている。用いる教材や教具にしても手作りのものなど、温かみのある物が多く、依然として情報機器に対しては冷たいイメージを抱かれる事も少なくなく、関心も高いとは言えない。しかし、平成10年12月に告示された幼稚園教育要領では、「コンピューター」という言葉は記載されていないが、幼児が興味・関心をもつべき対象として「情報」という言葉が領域「環境」の中で使われている。また、幼稚園教育要領の解説書においては、「コンピューター」という言葉が使われており、今後の幼児教育に「コンピューター」が関わる内容となっている。幼い時からコンピューターを使用した教育と聞くと賛否両論あるが、小学校や中学校ではパソコンの授業を取り入れている所も多く、近年保育の中にコンピューターを導入する幼児教育施設も少しずつ増えている。
    また、平..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。