小児栄養試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数343
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児の偏食について解読しその原因と対応について述べよ。
     幼児期になると自我の発達に伴って、自己出張が出てくる。食生活についても好き嫌いが形となって現れ偏食などの特有の問題が出てくる。好きな物だけを食べるという偏りが続くと身体の発達に悪影響を与え、生活習慣病を引き起こす可能性もある。
     偏食の主な原因として次の様なことが考えられる。
    原因 
    ・多種類の食品や料理を食べる機会が少ない。
    ・大人が美味しそうに食べていない。
    ・美味しくない。
    ・食べたことのない食品、食べ慣れない食品。
    ・以前に食べた時の不快体験。友達やテレビCMなどの影響。   
    対応
    ・メニューを増やす。食べやすい味付け。調理に工夫をする。
    ・楽しい会話をし、大人も楽しく美味しく食べる。・空腹感を与える。
    ・無理強いをせず、嫌がる理由を考える。
    ・何にこだわっているか。味・食感・外観それを理解し、排除の工夫をする。
    周りの大人に好き嫌いがあると、子どもに食べさせる機会が少なくなるので子どもの偏食を大人が作らない様に注意する必要がある。また、食材の彩りや盛り付けに気を配り、子どもの「食べたい」という気持ちを引き出す事が大切..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。