言葉指導法試験対

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数202
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    言葉指導法試験対
    ①言葉の獲得・発達に必要な要因をまとめた上で、保育者がこの要因を理解しておく方が望ましい理由について、あなたの考えを述べなさい。
     乳幼児が言葉を獲得するためには1、大人の言葉の音声の理解2、ことばの条件づけ3、ことばのレディネス(言葉を使う用意ができていること)4、ことばの模倣、などがあり、これらの過程を経て言葉を習得していく。そして、言葉の発達に必要な要因として挙げられるのが、家庭における両親・兄弟姉妹、保育所や幼稚園における保育者などの「人的環境」、家庭における経済状況や兄弟の有無などの「家庭環境」、発言や言語理解などに関する「知能と言語能力」である。
    人間には、アマラ・カマラの狼少女を例からも分かるように、言葉の獲得・発達に適切な時期があり、それを外すと遅滞を取り戻すのが非常に困難になる。また、乳幼児期の言葉の発達は、人的環境からの影響に大きく左右され、個人差も大きい。
    言葉は、ある日突然出てくるのではなく、正に必要な要因とは「人的環境」となる他者との関わりである。信頼関係を築く、伝えたい出来事を体験するといった、心の成長はもちろん大切であるが、その心を育むの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。