カウンセリング概論試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数333
ダウンロード数16
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カウンセリングに必要な態度にロジャースの考えに基づいて説明せよ。
     ロジャースは、カウンセリングに必要な態度として、①一致または純粋性②無条件の肯定的配慮③共感的理解の3つを挙げている。つまり、テクニックのみの習得を図ることは無意味であり、カウンセリングの成否は「クライアントに知覚されたカウンセラーの中にある態度の存在」であると述べている。
     カウンセラーとしてクライアントに出会う時の心の有り様として感じたことを素直に意識化し、表現する過程が一致していることが求められる。つまり、カウンセラー自身が感情・気づき・表現が一つになった状態=あるがままの姿でクライアントに向かうことなのである。そして、クライアントがどの様であれ、好感を持って、かけがえのない存在として受け入れる態度が、無条件の肯定的配慮・受容である。それには、その人の生きる姿勢への尊敬のまなざしが大切である。その上で、クライアントに望ましい人格・変容を招くための姿勢として、同情ではなくクライアントの意識を体験し、意味を感じ取り、言葉にして返す作業、つまり、共感的理解が必要となるのである。
    カウンセリングマインドについて説明し、保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。