発達心理学Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数197
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学発達子ども社会心理学校青年期課題青年児童

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達心理学Ⅱ 青年期の発達課題をまとめよう。
    人間には、発達過程のそれぞれの段階で、達成すべき発達課題がある。身体の成熟等の生物的課題、個人的な認知・価値判断等の精神的課題、躾等の社会的課題が含まれている。健全かつ幸福に生きて行くための条件として、それらを一つひとつ達成していくことが必要となる。青年期と呼ばれる時期は、一般的に11-13歳頃から始まり18-21歳頃に終わると考えられている。この時期における発達課題とは、どの様なものがあるのだろうか。
    青年期とは、児童期から成人期に移り変わる期間である。つまり、社会人として自立(物質的・精神的・他の援助・支配を受けず自分で身を立てる)するための準備期間であるといえる。この青年期を一般的に青年心理学で考えられている3つの分類に分けてみていくことにする。
    (1)社会制度・風習による分類
    現代の社会制度の代表的なものとして、学校制度の分類が発達期の区分へと移行され、未就学児を乳幼児期、小学生を児童期、中学生から大学生を青年期とする分類方法である。
    制度は、一度認められると社会や個人に対し、権力や圧力という拘束力を持つようになる。例えば電車・バス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。