小児保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数188
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児保健 小児栄養の意義と考慮すべき点について述べよ
    小児栄養の意義とは、小児が成長、発達することが特徴である。具体的には、常に新しい細胞や組織を作り、それによって様々な機能のレベルを高めていくことである。従って、小児の栄養は、健康な成人の体を保持する栄養に比べて、質的にも優れ、相対的に多くの栄養が必要である。
     幼児期になると、体の大きさに比べ成人よりも運動量が多く、運動時に消費される栄養の補給も必要となる。体が小さい割に成人に比べて栄養の必要量が多いことも特徴の一つである。
     しかし、現在の我が国では、栄養不足、栄養不良は減少傾向にあるが、食生活が欧米化し、栄養の過剰や偏りによる、肥満や摂食異常症などの生活習慣病が増加している。健康を保持するためには、適正な栄養が必要であるが、偏食やビタミン不足などが多くみられる。
     小児では、よい発育には健康づくりはとても大切であるが、健康づくりにも栄養が関与することが大きいため、ただ食事をさせていればよいのではなく、小児の健康増進を基本として実践するべきである。
     具体的には、何をどのようにして、どのくらい食べるかという食習慣や食行動、すなわち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。