小児保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数162
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児保健 小児のアレルギー症状について具体的に述べよ。
    アレルギーとは、免疫と同じ抗原抗体反応のことで、それが人体の不利な影響を与えるものをいう。人体に不利な作用を引き起こす原因となるものをアレルゲンといい、ハウスダスト・食品・ダニ・花粉・動物の毛・細菌・薬剤などその他にもいろいろある。
     アレルギーで起こる病気としては、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、薬物アレルギーなどが挙げられる。これらのアレルギー症状について詳しくみていくことにする。
     先ず、食物アレルギーの症状は、ある特定の食物を食べることで皮膚のかゆみや発赤、蕁麻疹が、全身から鼻、耳、消化器、呼吸器、皮膚など様々な部位に出現する。最も重篤な病状はアナフィラキシーという全身的な症状であり、多くは食物を摂取して15分以内に口の中のかゆみ、吐き気、嘔吐、鼻水、目のかゆみなどの症状が現れ、血圧低下、意識消失を伴うこともある。又、症状は同じものを食べても、体の状態により出方が違い、体調が優れない時は症状が強く出る。子どもの場合、保護者から、食物アレルギーがある時は何が食べてはいけないか聞いておくことが大切である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。