保育内容 表現 「表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数831
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育社会教育

    代表キーワード

    保育内容表現

    資料紹介

    「表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「表現を育てる保育者の役割についてテキストの内容を参考に述べよ。」
    保育の領域「表現」では、環境を通した保育の中で、子どの豊かな感性を養うこと、表現することや表現に触れることを楽しむことが目的とされている。このような保育を行うにあたって、本論では保育者が果たすべき役割について述べる。
     まず、保育者が果たす最も大きな役割が、子ども達の表現を受容することである。「表現する」とは、自らが感じたことを自分なりに考え、行動に「表す」ことである。その方法は様々であり、描画や造形などの内的なイメージを具体化することのみにとどまらず、言動や行動・態度などのような情動を表すもの、またその表出が意図的でなくとも周囲の者が感じ取ることが可能なものも含むと考えられる。表現とはいわば感情の表出手段であり、コミュニケーションの手段なのだ。このような特性を持つ表現は、その表現を受け止める相手が存在することによって主体的活動が促されるなどのメリットが生まれてくる。そして表現は、保育者や親などの大人に対してだけでなく、子ども同士でも行われる。しかし、子どもは他人の考えを受け止める態度を完全に備えているとは言い難く、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。