米文言 8章『MartinLuicerKing,Jr』について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数301
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育社会教育

    代表キーワード

    保育米文言

    資料紹介

    8章『MartinLuicerKing,Jr』について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    8章『MartinLuicerKing,Jr』について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ
    1,要約
    マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは、アメリカ合衆国の黒人の社会的、政治的、及び経済的な平等を目指した公民権運動の指導者である。1950年代半ばから彼が亡くなるまで、彼の活動が注目され、全米の全ての人種の共感を得ての間、人種差別に対する意識を高めることに繋がった。1964年には、彼の活動が評価され、ノーベル平和賞を受賞することとなった。彼は史上最年少でこの賞を受賞した。
    マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは、バプテイスト派の牧師である父と祖父を持ち、ジョージア州アトランタに生まれた。彼は、15歳で高校を卒業し、アトランタのモアハウス大学に入学した。
    彼は当初、医師か法律家の道を志していたが、最終的に牧師の道へと進むことを決意した。彼はモアハウス大学を卒業後、ボストン大学へと進み、哲学の博士号を獲得した。
    彼はこの当時、インドをイギリスの統治から非暴力による抵抗で解放した、マハトマ・ガンジーに強く影響を受けていた。後年、彼は抗議運動の実践テクニックをガンジーから、その理想を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。