レク実技  2「幼児期・児童期のレクリエーション活動について、その内容や企画、運営について、レクリエーションを指導する上での留意点について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,079
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育社会教育

    代表キーワード

    保育レクリエーション

    資料紹介

    幼児期・児童期のレクリエーション活動について、その内容や企画、運営について、レクリエーションを指導する上での留意点について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児期・児童期のレクリエーション活動について、その内容や企画、運営について、レクリエーションを指導する上での留意点について述べよ。
     幼児期、児童期におけるレクリエーション活動は、子どもの身体的・精神的な成長や発達と密接な関わりを持っている。本論では、このようなレクリエーション活動の内容・企画・運営上の留意点について述べる。
     まずは、企画段階での留意点について述べる。レクリエーションとは、余暇の有効な活用や社会参加に向かうことを目的とした様々な活動のことを指す。幼児期・児童期の子どもを対象にした内容は「遊び」を中心に行う必要がある。その根拠として、幼児の保育の指標となる幼稚園教育要領や保育所保育指針に、「幼児の保育及び生活の中心が遊びを主体とした活動である。」と明記されている。また、幼児は遊びの中で運動機能や精神機能、社会性など多くのものを身に付ける時期である。上記により、遊びというものがいかに大切なものであるかが理解できる。よって、レクリエーションは遊びを中心とする必要がある。
    「遊び」に関して「幼児の遊びは、自発的で自由な活動である」とも述べられている。ゆえに遊びは子どもが主体と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。