レクリエーション 2「現代の日本社会が抱える課題、問題を取り上げ、それらに対して、いま自分にできるレクリエーション支援の方法、企画について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数693
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育社会教育

    代表キーワード

    保育レクリエーション

    資料紹介

    「現代の日本社会が抱える課題、問題を取り上げ、それらに対して、いま自分にできるレクリエーション支援の方法、企画について述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の日本社会が抱える課題、問題を取り上げ、それらに対して、いま自分にできるレクリエーション支援の方法、企画について述べよ。」
     「レクリエーション(recreation)」という言葉は、英語の意味を直訳すると「作り直す」という意味である。広辞苑では「仕事や勉強などの疲れを、休養や娯楽によって精神的・肉体的に回復すること。またそのために行う休養や娯楽。」と記されている。また、垣内芳子が示したレクリエーションの定義には「生活の快」という言葉が用いられている。これらをまとめて考えると、レクリエーションとは生活の中で快さを求める為の活動であると言える。本論では、子どもとレクリエーションとの関わりについて、またその問題点について考察し、それを踏まえて私にも可能なレクリエーション支援についてのべる。
     子どもにとって、レクリエーションとは主に遊びである。保育の専門書の中でも、子どもは遊びを中心に生活しており、遊ぶことは子ども達が自主性や協調性、社会性などを身につけていくための重要なものであると述べられている。つまり、子どもの時期に適切なレクリエーション支援を受けることが重要なのだ。
     現代の子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。