法学 「環境権について論ぜよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数295
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育社会教育

    代表キーワード

    法学環境権

    資料紹介

    「環境権について論ぜよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境権について論ぜよ。
     20世紀の飛躍的な技術的進歩による工業化、それに伴う大量生産、大量消費型社会、また急激な都市化など経済的・技術的成長を果たした。そして今なお我々人間の文明は高度化を続けている。その弊害として、大気汚染、地球温暖化、ゴミ問題など、我々の暮らす地球環境に関する数々の問題、いわゆる環境問題に対する意識が高まりを見せている。そのような社会状況の中で、「環境権」が登場した。
     現在の日本国憲法の中に、環境権に関する明確な規定は存在していない。しかし環境権は、日本国憲法が国民に保障している権利の中から、「新しい人権」として導き出すことができるとする学説は存在する。その根拠となる権利は、幸福追求権と平等権、また生存権であると言われる。
     幸福追求権は、日本国憲法13条に「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」と規定されている。この条文から、幸福追求権は個人が幸福な生活を送ることに対し、国家からの干渉を受けないための権利であると解釈できる。
     平等権は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。