ボランティア論 ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数586
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ。
     近年、学校教育の現場や企業においてボランティア活動への取り組みが行われるなど、ボランティアに対する社会の関心・意識は高まっている。また、東日本大震災の様な甚大な災害の際にも、ボランティア活動が果たす役割は大きい。本論では、このようなボランティア活動の持つ自発性と、活動を支えるNPOの役割について考察する。
     ボランティアという言葉の語源は、ラテン語のvoluntas(志願兵・義勇兵)であると言われる。そして、英語でのボランティアは、社会奉仕活動を行う者の意である篤志家と訳されている。また英語のvoluntaryは、自由意思の、自発的である、と訳されている。これは先のvoluntasの訳である義勇兵・志願兵とも関連し、自発性という要素が含まれている。これらのことを総合してランティアの意味について考えると、「自由で自発的な意思により、社会活動や慈善活動を行うこと、又はそれを行う者」と言うことができる。
    そして、ボランティアを行うにあたって自発性は欠くことのできないものだと考える。自発性とは内的な動機に基づい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。