子どもの生活とあそび 『遊びの場で、保育者は、援助、環境の構成をどのように工夫したらよいか。実践した、または、見聞きした事例を挙げて、考察すること。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数398
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『遊びの場で、保育者は、援助、環境の構成をどのように工夫したらよいか。実践した、または、見聞きした事例を挙げて、考察すること。』
     近年、子どもたちの外で遊ぶ時間や回数が減少してきているように指摘されている。その原因として、外の世界の危険性や子ども中心とした事件が多いため、親が子どもの遊びを制限していることや、パソコンを使ったインターネットやテレビゲームなど室内で遊べる遊びが充足してきたこと、また、ピアノ、水泳、英会話など複数の習い事をして遊ぶ時間が確保されていないことが挙げられる。その結果、昔に比べ太陽にあたる事が減少し、体力がなく運動が苦手な子、肥満の傾向にある子、すぐに転んで手が出せず大きな怪我をする子が増加している。遊びはただ楽しいだけではなく、身体的、精神的な面で子どもの成長に大きな影響を与えるばかりでなく、友達や周りの人々とのコミュニケ-ション能力の発達や、危険から自分の身を守る方法を学ぶ手段となる。
     そこで、子ども達の豊かな成長を育む遊びを生み出すための援助や環境の整え方について考察していく。
     子どもにとって遊具は、自分自身の筋肉の発達や知能の発達、仲間とのコミュニ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。