音楽Ⅰ 「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,101
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保育社会福祉

    代表キーワード

    音楽社会福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ。」
     クラシック音楽とは西洋音楽で昔からある音楽のことで、現代でも親しまれている。
    西洋音楽における、クラシックの代表的作曲家について挙げていき、説明した後、保育の中でどう活用されていくか考察していく。
    西洋音楽の歴史では、17世紀から18世紀中期までの時代を「バロック音楽の時代」と言う。この時代の代表的な作曲家は、ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685~1750)とゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル(1685~1759)である。
     バッハは、バロック時代の音楽芸術を頂点まで高めた作曲家であり、教会に勤め音楽家として演奏活動を行いながら、後世に残る多くの傑作を生み出した。例えば、『マタイ受難曲』や『ロ短調ミサ』などは、スケールの大きな宗教曲として有名である。これは現在でも、盛んに演奏されている。また、『平均律クラヴィーア曲集』は、平均律(1オクターヴの間の音を、12個の半音に等分して構成する調律方法)を一般化する重要な功績を残した。
     ヘンデルは、バッハにも増してさまざま種類の曲をつくり、管楽器..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。