レクリエーション理論 1「現代の日本社会が抱える課題、問題点を挙げ、それらに対して、いま自分ができるレクリエーション支援の方法、企画について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数799
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「現代の日本社会が抱える課題、問題点を挙げ、それらに対して、いま自分ができるレクリエーション支援の方法、企画について述べよ。」
     近年、少子高齢化、子どもの体力低下、コミュニティーにおいては人間関係の希薄化などの社会問題が深刻化している。そのような中で、今レクリエーションは、健康づくりや高齢者・障害者福祉、子育て支援、保育、教育、地域づくり、環境教育など、幅広い領域で用いられています。そして、スポーツ指導者や介護福祉士、保育士、地域ボランティアなど、そこに関わる多くの人びとがレクリエーションの学習に取り組んでいます。それにともない、レクリエーションを用いた人びとの支援方法も幅広くなっています。このように社会に貢献できる事は非常に多く、様々な方面から期待や注目をあびている。
     日本のレクリエーション運動は、すでに50年を越える歴史を持っている。その半世紀におよぶ成果を踏まえ、端的に言えば、余暇(自由時間)が人生のテーマとなる時代における新しいライフスタイルをつくるということに求められる。それまでの長い労働の時代において、私たちの生活の隅ずみまでを律していた労働のモラルから自由になって、余..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。