レクリエーション実技 1「幼児期・児童期のレクリエーション活動について、その内容や企画・運営について、レクリエーションを指導する上での留意点について述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,077
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幼児期・児童期のレクリエーション活動について、その内容や企画・運営について、レクリエーションを指導する上での留意点について述べなさい。」
     レクリエーション支援とは、「対象にあわせて素材を選択したり、提供方法を考え、様々な遊び・活動を対象にふさわしいように提供すること」である。ここにある、「ふさわしいように提供」という言葉を対象者と支援者の双方の立場に立って注目してみたい。
     対象者の側からは、自身の成長や未来の人生における目標につながる、ということが「ふさわしい」ということになるだろう。また、これまでの暮らしの中での経験や、形成された好みが活かされるということもまた、対象者の側からのふさわしさということになる。支援者の側からは、こうなって欲しいという願い(支援の目的)の実現をするために、対象者にあわせつつ、支援の目的にそって意図的、計画的に遊びなどの素材を展開すること、となるだろう。以上のことを踏まえたうえで、幼児期・児童期のレクリエーション活動を行う際に必要な知識や技術を述べていく。
     レクリエーション活動に参加する人々が、心地よく安心して楽しく活動できるよう、さまざまなことに配..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。