教育経営論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数325
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    開かれた学校づくり 学校教育における、地域社会や高齢者とのかかわり方

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    教育経営論の課題で私は学校と地域の連携というものに興味を持ち考えてみたいと思います。私がレポートのために選んだ本は『高めたい地域・家庭と連携する力』という本です。この本は私が興味を持った学校と地域との連携について考えさせてくれると思い選びました。
    読んでみてタイトルの通りいろいろな角度から学校というものを、地域から、家庭から述べておりとてもおもしろかったという印象が1番残りました。この本では『開かれた学校』という単語がよく出てきました。開かれた学校。閉鎖的と言われる学校が自らを開いて、その教育活動全体を保護者や地域の人々に知らせ、地域の人たちの意見を十分に聞き、教育活動においても地域に出かけ、地域の人たちに教育活動にさまざまな形でかかわってもらうようにする。さらに、地域や家庭にも教育的な側面から積極的に働きかけを行うことや、学校施設の開放、子どもを含めた地域の人々向けの学習機会の提供などを通じて、多くの人の知恵や力を結集していくことが開かれた学校だと私はかんがえます。行き詰まりつつある学校という組織を、新しい時代に合わせて発展させようとするものなのです。なぜ今「開かれた学校づくり」なの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。