社会科教育法 レポート 2010

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数253
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成20年版学習指導要領における社会化改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元について指導の概要を説明しなさい。その際、児童の学習活動を具体的にイメージして論述すること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成20年版学習指導要領における社会化改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元について指導の概要を説明しなさい。その際、児童の学習活動を具体的にイメージして論述すること。
    まず、学習指導要領の基本方針には、『豊かな心や健やかな体を育成するための指導の充実』、『子どもの学習意欲を向上させ、学習習慣を確立すること』、『確かな学力を確立させるための、国語、社会、算数・数学、理科、体育、外国語(英語)の必要な授業時数の確保』、『思考力・判断力・表現力等の育成を重視するとともに、それらの基盤となる言語の学力の育成につながる言語活動の充実』、『基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させること』などがある。これを前提に置き、時代とともに改訂されていて、今回の平成20年3月にも中央教育審議会答申を受け、各教科等において教育内容が見直され、新しい学習指導要領が告示された。そしてそれは、社会科改訂の基本方針にもつながっており、これからの社会科授業の方法を考える上でも重要であるといえる。
    今回の改訂において中央教育審議会答申では、学習指導要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。