図書館サービス論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数270
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代社会は、科学技術の高度化、情報化で社会や経済の変化に伴い、新しい知識や技術が次々に生み出されていく時代である。情報化社会の到来は、社会構造全体に影響し、図書館に大きい変化と発展をもたらした。そして高齢化社会の進行、余暇の増大など、生活環境及び社会状況が変化したため、生涯にわたり学び続けようとするニーズが強く浸透していっている。このような現状において、図書館の重要性が増していっている。本論では現代社会における図書館サービスについて考察するものである。
     情報化社会の到来により、印刷資料のほかに、ビデオテープ、CD、DVDなどの視聴覚資料、それに加えCD-ROM化したもの、頻繁に新データを定期的に加えデータベース化してオンラインで検索するものがある。CD-ROMの長所として、利用するのに費用がかからないこと、効率的にスペースを利用できることなどがある。短所は、更新に若干時間がかかり、最新の情報が利用できるとは限らないことである。オンラインデータベースの長所は、定期的に更新されていて常に最新情報が入手できることである。短所は、コストがかかることである。図書館ではOPAKが主流となり、オ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。