専門資料論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数297
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    専門資料とは何か。図書館資料におけるその意義を述べなさい。
    二次資料とは何か。図書館資料におけるその意義を述べなさい。
    専門資料とは何か。図書館資料におけるその意義を述べなさい。
    『専門資料論』では、専門資料について「専門資料とは、一般的に特定分野のみを対象とした資料であり、特定領域の専門家向けに刊行された資料を言う。」と定義している。ここでいう特定領域は、人文科学、社会科学、自然科学、一般教養、図書館情報学と大きく分けることができる。自然科学は天文学、物理学、科学と複数の学問分野に細かく分けることができる。これではすべての資料がいずれかの分野の範疇であり、全ての資料が専門資料となってしまう。そして資料自体が「専門家向け」であるかどうかも判別するのが困難だ。「専門」概念の捉え方によっても関係すると思われる。また、「専門資料」はその内容の程度の高低で区別されるわけでもなく、基本的な基準がないので「専門資料」なのか「非専門資料」なのか判断することは至難の業であり曖昧である。このような状態を踏まえてここでは「専門資料」を、「各領域で特定的に刊行された資料」と定義している。具体的には人文科学、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。