08831外国史(西洋)第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数244
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代に生きるわれわれが西洋の古代と中世を学ぶ意味は何か。それは,広く西洋の政治・社会・文化を歴史的に位置付け,それが現代に生きるわれわれとどんな関わりを持っているのかを史料に基づきながら実証的に探求することである。
    また,かつてヨーロッパとアメリカは世界で最も進んだ文明だった。明治以降の日本の急速な近代化は,西洋文明なくしては考えられない。それを学ぶ意味は,大いにある。その歴史を詳しく学び,どのようにして現代の社会が成り立ったのか知ることができるからだ。
    古代西洋文明の残した最大の遺産といえるキリスト教。われわれは,そのキリスト教世界で標準化された暦に従って生活し,神が6日間で天地万物を創造して7日目に休んだという旧約聖書の説話に従い,週1回日曜日を休日としている。さらに,日本に生まれながら,洋服を標準的な服装とし,欧米の映画や音楽を好んで聴き,西洋を模範とした法律と政治のもとで暮らしている。朝食にはパンを食べ,英語などの西洋の言葉を学び,住居さえ洋風に建てることが主流である。
    私は,こうして身近に入り込んでいる西洋の過去を学び,研究せずにはいられない。西洋の歴史を異なる文化をもつ社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。