レファレンスサービスの必要性

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数495
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    図書館司書

    代表キーワード

    図書館司書

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )


     図書館利用者に対する情報サービスの核となるものは、レファレンスサービスである。利用者          
     が膨大な資料の中から、目的の資料を探し出すのは至難の業である。また、高度情報化社会におけるインターネットの発展によって、レファレンスサービスが大きく変わりつつある。本課題では、レファレンスサービスの概略、その評価の必要性、その方法の概要について考えていきたい。
    1、レファレンスサービスの概略
      図書館員は利用者からの「質問」に対し、これにこたえうるような資料、情報を探し出し、「回答」しなくてはならない。ここではレファレンスサービスの概略について述べていきたい。
    レファレンスサービスの種類
    質問回答サービス
    質問回答サービスとは、利用者が口頭、電話、文書、電子メールなどで質問したものに
    対して、応答するサービスである。現在では情報資料が膨大、且つ複雑化しているため、
      担当者は資料について、豊富な知識と高い情報処理能力を求められる。
    2、カレントアウェアネスネスサービス
            カレントアウェアネスサービスとは、新しい情報を利用者に知らせるサービスの総称で
       ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。