図書館における情報サービスの種類と内容

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数638
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      序
    現代の情報化社会において、情報とそれを求める人々を結びつける人や組織がますます必要になってくる。従来から情報と人を結びつけるサービスを行ってきた図書館と図書館員に対する期待はますます高まるであろう。ここでは、図書館と図書館員が人々に提供する情報サービスについて述べていきたい。
    図書館における情報サービスとは「図書館の利用者の情報要求に対して、それらの情報が得られるように、図書館及び図書館員が援助するサービス。それには援助を効果的に実現できるように情報源を収集、整理したり、加工して、準備するサービスも含まれる。」と定義することができる。具体的なサービスは以下のとおりである。
    1.レファレンスサービス
    レファレンスサービスとは利用者から質問を受け、図書館及び図書館員が図書館の情報源で回答し、それらを提供または紹介するものである。回答に使う情報源は、図書館で収集したレファレンスブック、CD-ROMなどの各種レファレンス資料、図書館で契約して検索、閲覧できるオンラインデータベースなどである。レファレンス質問、回答サービスの原則は、利用者の調査、研究活動を援助することである。図書館あるい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。