経営学MA 最終試験

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数850
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    メディア授業(経営学MA)の最終試験です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最終試験
    企業における所有・経営・支配の関係について,次の設問に答えなさい。
    (1)株式会社における所有・経営・支配の関係について,次の語句を用いて論述しなさい。
    株式所有の分散,所有経営者,専門経営者,経営者支配,株式相互保有
    (2)コーポレート・ガバナンスの仕組みとして監査役設置型と委員会設置型それぞれの特徴・長所・短所を整理した上で,日本企業にふさわしいコーポレート・ガバナンスのあり方について,自己の見解を述べなさい。
    (1) 株式会社における「所有と経営の分離」…資本主義は「所有に基づく支配」を基礎とする社会であり,株式会社の所有者は株主ですから,株式会社の支配者は株主ということになります。しかし,株主が所有しているのは,配当請求権や残余財産分配権,議決権,書類閲覧権などのついた株式であり,会社財産の直接的な所有権は法人としての株式会社にあります。すなわち,会社の所有者は株主ですが,会社財産の所有者は法人としての会社自体です。このように,株式会社における所有構造が二重構造になっていることから,株式会社における所有・経営・支配の関係は複雑になります。
    企業は成長するためにより多く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。