薬理学Ⅱ試験範囲 第86回~第95回

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数32
閲覧数1,307
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    薬理学Ⅱ定期試験範囲 第86回~第95回
    第86回
    問121 次の薬理作用・現象-薬物の対応のうち、正しいものの組合せはどれか。  
      薬理作用・現象  ―――    薬物 a ノルエピネフリンに対しsupersensitivity(感作)を起こす。  ――― レセルピン○ b 昇圧反応は、反復静注により急激なdesensitization(脱感作)を起こす。  ――― 塩酸フェニレフリン× 解: 昇圧反応は、反復静注により急激なdesensitizationを起こす。(=タキフィラキシー)  ――― チラミン etc c 臭化ベクロニウムと併用した場合、potentiation(増強)を起こす。  ――― メチル硫酸ネオスチグミン× 解: スキサメトニウムと併用した場合、potentiationを起こす。  ――― メチル硫酸ネオスチグミン d 急激な投与中止によりrebound phenomenon(リバウンド現象)を起こす。  ――― プレドニゾロン○ e Delayed action(遅延作用)を示す。  ――― ワルファリンカリウム○
    問122 次の構造式をもつ薬物(ア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。