ブルーナーらの現代的レディネス観が教育に与えた影響について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,098
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【単位習得レポート】ピアジェの「同化」と「調節」の概念 ブルーナーらの現代的レディネス感

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブルーナーらの現代的レディネス観が教育に与えた影響について述べよ
    過去、デューイが提唱した経験主義は、当時、あまりにも悠長な教育方針に過ぎると批判されていた。また、アメリカでは、スプートニクスショックが起こり、どうにかして、子供達の学力を効率良く、更に、飛躍的に向上させる必要性があった。その様な風潮の中、ブルーナーの仮説は、この状況を打開できるものとして期待された。
    ブルーナーは、学校は学問を学ぶ場所であって、社会生活をするところではないという思想を持っていた。著書「教育の過程」でも述べられているように、彼の定説の根底にあるのは「構造」を学ぶことの重要性である。だが、彼は「構造」とは何かについては、詳しく述べていない。さしあたり、学習内容の最も重要なポイント、と理解すればよく、数式なら数式が、なぜそのように数式化なされるのか、という原理原則のことと言い換えられる。簡単に言えば、構造を学習するということは、どのように物事が関連しているかを学習することである。「構造」さえつかめれば、学習内容を十分に理解することが出来る。そして学習内容の構造が理解できれば、あらゆることに応用でき、「できる」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。