経営学 試験  合格 株式会社における…

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数189
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本経営企業社会問題株式監査会社法取締役戦後

    代表キーワード

    経営学社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学試験    学生番号  氏名 
                            
                      課題
    株式会社における所有・経営・支配の関係について、次の語句を用いて論述しなさい。    株式所有の分散、所有経営者、専門経営者、経営者支配、株式相互保有
     そもそも会社とは、近くの町工場のように、所有経営者の元から生まれ、地道な努力を重ね利益を上げ次第に体力をつけて企業に成長していく。その所有経営者から生まれた会社がその規模を大規模化させていくにつれ、資金の需要が生まれてきます。資金需要の生まれる理由として一例をあげれば、設備投資等を幾度となく行いますが、自己資金だけでは設備投資ができなくなる場合が出てくるからです。会社は資金需要に直面した時、銀行で借り入れを行いますが、会社の大規模化が進むにつれ資金需要額が大きくなり、株主も増加する。さらに会社の大規模化が進むと、多くの投資家から資金を募る為に、株式市場に上場する。  上場企業になり、企業の株式が多くの人に所有されると、株式所有の分散が起こる。株式所有が分散化するにつれ、一人一人の株式所有率が低くなり、所有率..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。