a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数101
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    a

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在、国際化が進み、日本の総人口に占める外国籍の人の比率は約1.2%となった。グローバリゼーションの進行は、文化の境界線を曖昧にすると同時に、文化間の摩擦や衝突を引き起こす原因となっている。よって、学校ではこのような多様な価値観が飛び交う国際時代を生き抜いていく能力の育成に重点を置くと同時に学校での国際化に対する具体的で的確な対応を考えなくてはならない。  現在日本の学校現場にも国際化の波は押し寄せている。日本語が充分に習得できていない在日外国人の子どもや帰国児童が学校に在籍している例は珍しくない。学校の多国籍化、多民族化、多文化化の進行は以下のような様々な問題を顕在化させた。  まず、教科やカリキュラムの体系、登下校や授業においての決まり等日本の学校制度は外国籍の児童に理解されにくく、馴染みにくい。日本の学校では年齢と学年が必ず一致しなければならない。そのため、例えば12歳で日本語が全く話せない外国籍の子どもが日本に来た場合、6年生のクラスに入れられ、何も理解できないまま授業が進行していくという事態もありえることであり、これは見直すべき課題であると私は考える。次に学校の構造の問題で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。