a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数79
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    a

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人権尊重を基本に捉えた学級経営が求められている。学校生活全体において人権が尊重されるような環境を整えることで、子どもたちの人権が守られ、安心して学校生活を送ることができる。現代の学校は、学級崩壊、いじめ、不登校、暴力など深刻な問題が多く発生している。それらの原因の一つは子どもたち一人ひとりの人権が尊重されず、居心地の悪い学級を作ってしまっているということが考えられる。そのため、人権尊重の視点にたった学級経営は、質の高い学級をつくるために必要不可欠なものであるといえる。
    人権尊重を基本に捉えた学級経営とは、男女の差、家の経済力、学力などに関係なく、子どもたちは皆平等であり、尊重されるべき大切な存在であるということを基本に捉えた学級経営であると私は考える。教師はどの子どもにも差別なく同じように接し、児童の意見をきちんと聞いたり、児童一人ひとりの大切さをしっかりと自覚し、「一人の人間」として接するようにしなければならない。教師は学校生活の中で無意識のうちに子どもに対して偏見や先入観を持って子どもと接してしまう時があるかもしれない。一度自分を振り返り、本当に子どもに対して平等に接することができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。