a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数58
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    a

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会では物があふれており、その販売方法も多様化・複雑化している。そのため、商品についての正しい知識や適切に購入する能力がないとすぐにトラブルに発展してしまうだろう。また、クレジットカード、携帯電話、インターネット等の今や私たちの生活に欠かせないツールによって、知らないうちに悪質商法や不適切な取引行為に巻き込まれるという事例も珍しくない。こういった消費者問題についての知識が少ない子どもたちは、マスメディアによる販売戦略に翻弄されたり、悪質商法による被害を受けたりする危険性が高いため、子どもも一人の消費者として、適切に購入する能力や知識、習慣を身につけておく必要があるといえる。子どもの暮らしの安全を守るために、消費者教育は学校や地域そして家庭の連携により施されるべきであると私は考える。
    学習指導要領によると、小学校家庭科における消費者教育は、「身近な消費生活と環境」の中で述べられており、「物や金銭の使い方と買い物」と「環境に配慮した生活の工夫」の2項目で構成されている。ここでは、日常生活で行われている消費と環境の学習を通して、物や金銭の使い方への関心を高め、環境に配慮することの大切さに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。