a

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数80
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    a

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代は「飽食の時代」と呼ばれているように、好きなものを、好きなときに、好きなだけ食べることができる時代である。朝食抜きの不規則な食生活やスナック、肉類中心の偏った食生活は子どもの成長や健康に悪影響を与えるだけではなく、キレる、暴れる、いじめる等の子どもの問題行動の増加にも関わりがあるといわれている。このため「食育」の必要性が増し、正しく食べ物を選ぶ力や健全な食生活を送ることができるための知識を子どもたちが習得することが求められている。
    学習指導要領によると、家庭科の目標は以下の通りである。「衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して、日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに、家庭生活を大切にする心情をはぐくみ、家族の一員として生活をよりよくしようとする実戦的な態度を育てる。」ここで述べられている「衣食住などに関する実践的・体験的な活動」の一つが調理実習である。家庭科における調理実習の位置づけは、体験を通して基本的な調理操作を身につけること、食品の扱い方や味わい方などの知識を学ぶことである。しかし、それだけではなく、実際に調理をすることで食べ物を大切にする気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。