教育心理学 科目最終試験問題 まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,514
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の教育心理学の科目最終試験対策用まとめです。科目最終試験では過去問と同じような問題が出ているようです。参考になればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学  科目最終試験問題
    参考資料『教育心理学』杉田千鶴子 編著
    『知能および創造性について、それぞれの概念を明らかにし、またその違いを説明せよ。 』
    知能の概念は、定義された説が様々にある。ヘップは2つの側面から知能を定義し、「経験によって個体がどのような知識や技能を獲得するかという問題とは全く関係ない、脳の生得的な機能」「新しい知的場面や状況において問題を効果的に解決していく能力で、学習力を含み、素質と環境によって培われる適応能力」であるとしている。ローラッヘルによると「知能とは新しい問題を解決する際の心的諸機能の作業度である」としている。ヴェックスラーは「知能とは、個人が目的に向かって行動し、合理的に思考し、環境に効果的に対処する総合的・全体的能力である」と述べている。
     このように、知能を定義する説はいろいろあるが、実際上は知的機能の諸側面について標準的な検査問題に答えさせて、その結果から知能の程度や内容を判定している。その値は知能指数といわれ、生活年齢に対する精神年齢の比を指数で表した値である。この指数の数値が100より多いか少ないかによって知能発達の遅速がわかる。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。