学校教育職入門科目最終試験問題・解答・ポイントまとめ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,259
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年の佛教大学『学校教育職入門』の科目最終試験過去問と対策をまとめました。問題の出方なども載せていますので、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【学校教育職入門  科目最終試験  問題・解答・ポイントまとめ】
    佛教大学の科目最終試験は、これらの問題の中からいずれかが1問だけ出題され、それについて述べるという形式のようです。時間が無い方はポイントを絞って、自分の言葉でまとめられると良いかと思います。
    【問題1】 新しい学校の荒れとしての「学級崩壊」について解説し、教師はその問題にどのように対処すべきか述べよ。
    【解答例】 新しい学校の荒れの具体例として、「担任教師が教室に入っても私語が絶えず、注意しても聞かない」「授業が始まっても席につかず、児童が教室の外にでてしまう」「教員に暴言を吐き、暴力をふるう」などが挙げられる。
          こういったことが起こる要因として、「自己中心的行動」「耐性の欠如」「感情を律することができない」「無気力・無責任」「子ども同士の人間関係の希薄さ」「いじめ・授業妨害」など、子ども側の変化が考えられる。
          このような「荒れ」による授業不成立の状態が一定期間継続して起こる状態を「学級崩壊」と呼ぶ。
          「学級崩壊」は、地域や教員の性別、キャリアを問わず、同時多発的に起こっており、単純に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。