教育社会学1第一設題レポート【A判定】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数419
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年の佛教大学の教育社会学、第一設題でA判定をもらったレポートです。参考になればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。重要なことは、学歴社会が、ただ単に教育を重視する社会ではない、ということである。現在、先進国、発展途上国を問わず、教育の充実は各国家、社会の最重要課題のひとつにあげられている。教育を重視する社会が「学歴社会」であるなら、「学歴社会」でない社会などこの世には存在しないことになってしまう。ただ単に、教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会のなかの教育にはあるのである。
    学歴社会に対しては、古くからさまざまな批判がなされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴に対する批判はその代表的なものである。さらに、入学試験に対する批判も多い。また、学校の管理・教育のあり方や学校外の教育産業に対する批判も数多くみられる。だが、客観的に学歴社会を考察してみると、こうした社会になっていく、それなりの必然性が理解できる。
    明治時代がスタートし、維新政府が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。