教育社会学 設問1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数124
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年11月提出分 佛教大学 教育社会学設題1のA判定リポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
     「学歴社会」と聞くと高学歴者が社会的に高い地位に立つチャンスが多かったり、高位有名な会社に入職しやすいといったイメージがある。イメージの中の学歴社会の上での高学歴=高給料、豊かな生活ができるチャンスが多くあると一般的にイメージされていると考えられる。
    そういった社会的イメージから子どもたちは、塾や家庭教師などから学校で学ぶ以上の学力を強要され、子どもたちの自由な発想や思考などを奪い去る形で学力向上だけに頼ってきた時代がある。ゆとり教育が始められ、今度は子供たちの著しい学力低下が指摘され、ゆとり教育の見直しが叫ばれている世の中となっている現実がある。そして「学歴社会」とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされる。日本はアメリカ合衆国、カナダなどとならび、数少ない高学歴社会のひとつである。一方、学歴社会とは「社会における社会的・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。