福祉行財政と福祉計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数827
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    行政の福祉計画策定の流れと留意点

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政計画とは、その自治体の施策の方向性やそれを実現するための具体的な方法・手段を示すものである。内容は多種多様で、大阪府でも現在、約160の計画があるが、その策定は以下のような手順と留意点に基づいて行われる。
    庁内体制の確保
    計画策定の中心となる関係各課による作業チームを設置する。
    計画策定委員会の設置
    委員会の位置づけを明示し、開催時期・スケジュール等を検討する。また、委員の構成を検討し、依頼や公募をかける。
    推進組織の設置
    計画を総合的に実施するための横断的組織を設置し、計画の進行管理や関連事業との調整を行う。
    地域特性の把握
    地域に密着した課題抽出のため、小地域ごとに行う。抽出した課題は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。