相談援助演習③

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数503
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    バイスティックのヤ原則について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    困難な課題を抱えた人が主体的に生活できるように支援、援助していく個別援助技術においては、さまざまな専門性が必要とされる。中でもフェリックス・P・バイスティックによる7原則は、ケースワークの基本的な理念・技法として受け継がれている。本稿ではそれぞれの原則について概論する。
    個別化の原則
    援助者として経験を積むに従い、類似の課題に出会うことが増えるものである。それらを共通の課題として捉えることは大切だが、援助者にとっては「類似」であっても、その人にとっては独自の課題である。その人個人をかけがえのない存在として尊重し、その課題に適した援助方法・技術を個別化して用いる必要がある。
    受容と共感の原則
    利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。