権利擁護と成年後見

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数388
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    成年後見制度の概要について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害等により判断能力が不十分な人が契約や手続きを行う時、その人が不利な契約を結ばないよう法律的に支援し、自己決定を尊重しながら権利や財産を守ることを目的とした制度である。2000年の民法改正により「禁治産」「準禁治産」の考え方を排し、自己決定の尊重と本人保護の理念を調和した柔軟かつ弾力的な制度に改正された。以来、申立件数は制度発足以来順調にその数を伸ばし、登記件数も5万件を超えている。ただ、利用には手続きや費用が必要なことから、本来、成年後見制度を必要としていても利用できない人がいるのも事実である。
    2006年、国は「地域生活支援事業の実施について」の通..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。