相談援助演習① 自己覚知について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,702
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーカーに求められる自己覚知について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークは面接から始まる。そして、様々な問題と背景を抱え、自力では解決できない人が相談・援助を求めてやってきた時、そこに専門的知識と技術を持って関わるのがソーシャルワーカーである。この時、法律や制度、システムに関する知識や、そこにつなぐための技術を駆使する土台となるのが、その人の抱える問題と背景を客観視する力である。なぜなら、問題に対する評価がゆがめば、解決のためのアプローチも的外れになってしまうからである。そして、客観視のために必要となるのが「自己覚知」なのである。
    私は、長く武道をやっていた。そのため、体の芯まで「気力と根性」が染みついている。そんな私が昨年、アディクションのデイケ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。