相談援助の基盤と専門職② 相談支援に関わる専門職

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数615
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相談援助に関わる専門職とその業務範囲について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助」とは、生活する上で何らかの困難を抱えた人に対し、援助者が主に個別援助などの方法を活用して問題解決の手助けを行うことを言う。これに携わる「専門職」には社会福祉施設職員、福祉事務所・各種相談所等の行政職員、社会福祉協議会職員等が挙げられ、実際にサービス提供にあたる介護福祉士・保育士や支援員、主に相談業務を行うケースワーカーや心理士、コーディネートを担う介護支援専門員等、その範囲は多岐にわたる。
    秋山智久は、社会福祉専門職の条件として①体系的な理論、②伝達可能な技術、③公共の関心と福祉という目的、④専門職の組織化、⑤倫理綱領、⑥テストか学歴に基づく社会的承認、という6つの条件を挙げている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。