社会保障論 医療保険制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数499
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医療保険制度のしくみと現状と、この制度が抱える課題について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保険制度のうち、私が最も「お世話」になったのは医療保険制度である。本稿では、自分が支えられてきた医療保険制度のしくみと現状を述べるとともに、この制度が抱える課題について考察したい。
    医療保険のしくみ
    日本の医療保険制度は、医療を要した加入者の医療費負担を軽減する制度である。保険医療機関で診療を受けた際、その診療報酬点数によって保険者から直接医療機関に医療費が支払われる。この「現物給付」によって、私たちは医療を受けた時、被保険者証を提示すれば一部を負担するだけで済む。また、やむを得ない事情により全額自費で支払った時や、高額の医療費が発生して自己負担額が一定額を超えた場合、あとから保険者からの払い戻しを受ける「償還払」もあり、現在はこの二つの方式が併用されている。
    1961年、「社会保障及び国民保健の向上」を目的として国民皆保険が実現し、国民はすべて何らかの公的医療保険に加入することになった。これにより、業務上の災害により医療を受ける場合や自由診療の医療を除き、医療保険制度が適用される。
    医療保険制度の体系と問題点
    元々、職域ごとに成立してきた医療保険は、現在も多数の制度が分立している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。